読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チケット詐欺にまんまとひっかかった話


所謂チケット詐欺というものに引っかかった。
自分の愚かさに腹が立つものの、泣き寝入りしてたまるものかと色々動いてみた顛末を書いておこうと思う。
自分への戒めと、同じような被害にあってしまった方が対処する時に少しでも参考になるようにとなるべく仔細に記載しておく。
もし被害にあった人が読んでいるなら、泣き寝入りはせずに行動すれば被害金が戻ってくることもあるので頑張ってほしい。
※今回私は戻ってこなかったけど、他の被害者で戻ってきた方もいたので。

 

 

数年前の夏のことだ。
ジャニーズのとあるグループの公演が全滅したためチケットを探していたところ、某チケット定価掲示板に1件のスレッドが立った。

 

「チケット譲ります」

 

定価掲示板とはいえ、上乗せを要求してくる人は多い。
そしてそれに返信してしまう人も多いが、好きな芸能人を金儲けの道具にしてる人とは取引したくないというのが心情である。
それにどうせ上乗せするなら初めから業者を介して買った方がよっぽど低リスクで取引ができるとも思う。

 

そんな中、相手(Aとする)は定価で譲ります、とスレに書いていた。
譲る人よりも欲する人が多い人気公演の場合、こういうスレッドに複数人、多いときは数十人が殺到する。
なので欲しい場合は当たるまでバットをひたすら振り続けるしかない。
誠心誠意尽くし、情に訴えかけるように目に留まるように文章を書いてメールを送る。
それでも「いくらまで出せますか?」と上乗せを要求する返信や顔写真を要求する意味不明な返信がきたりもする。
砂漠の中から一粒のダイヤを探すようなものだ。
そして私はダイヤを探し当てた(気がしただけだったのだが、この時は本当にAが女神に見えた)。
Aからの返答は「お譲りできますよ」とのことだった。
早速、取引をメールでやり取りする。
Aからの提示条件は以下の通り。

 

・代引きは以前受け取り拒否をされたため不可
・離島在住のため手渡しも不可
・先振込みしてもらえれば本日発送する
・速達で発送し、発送後追跡番号も送る

 

ちなみに、掲示板の注意事項に「先振込みは禁止」「中身の見える封筒での代引きもしくは手渡し」での取引でとある。
その条件は重々承知だったが、私は愚かにもこの機会を逃してたまるものか、と思ってしまった。
探している立場からするとメールの返信が来ることさえ確率的には高くなく、しかもあなたに譲ります、と言われて舞い上がってしまったのである。
今こうして書いていると怪しさ満載どころか怪しさの塊なのに、その時は気付かないふりをしたかったんだろうなと思う。
人は信じたいものを信じる生き物だと言ったのは誰だったか。
一応、僅かに残っていた理性で連絡先を聞いてみると、すぐに住所、名前、電話番号が返ってきた。
これもよくなかった。こんなにすんなり教えてもらえるならば、大丈夫だろうと。
人は信じたいものを(ry

 

そして振込みをした。2万円程度だった。

 

振込み後、それまではほぼノータイムでレスポンスがあったメールの頻度が激減した。
発送したとメールは来たものの、約束の追跡番号の連絡が来ない。
業を煮やして問い詰めたら、追跡番号のない普通郵便の速達で送ったとのこと。
話が違うと思いつつも、とりあえず速達なら遅くても翌々日には着くだろうからと待つことにする。

 

2日後、掲示板にAが怪しいという旨のスレが立つ。
複数人とやり取りをしていたらしい。
おまけに私に教えられた住所と他の人に教えた住所は別のようだった。
郵便が届いていないこともあり、一気に怪しく思えてくる。
この時点で教えられた住所を検索すると、そこに表示されたのは公共機関の住所だった。
個人の住所ではありえない場所だった。
聞いた時に調べてみればと悔いは残るが、後の祭り。
これは詐欺にあったのかもしれないと思って、とりあえず振込みをした金融機関に電話をした。

これまでの経緯を説明して、Aの口座が詐欺口座として載っているか検索をしてもらった。
すると結果は、現在情報なし、とのことだった。
何度も色々な人に使っている口座ではないらしい。
とりあえず現状では詐欺なのかどうかの判断がつかないとのことで、情報として記録しますとのことだった。
もし詐欺だと確定され口座凍結されれば、犯罪被害回復金で被害額が補填されるらしい。
ただし口座凍結から半年程度の時間が必要なのと、該当口座に残金がなければ返金不可となるため、あまり期待はできないなという印象だった。

 

その後、掲示板で詐欺と疑われているため一度返金しますという連絡がAから来る。
いや詐欺なんでしょ、と思いつつも返金されるならそれでいいやということで振込先を教える。
しかしここからが長かった。
振り込みます→今日は無理でした。明日必ず振り込みます→無理でした。
のエンドレスループ
返金する気がないならメール返信なくなるだろうと思っていたのに、律儀にメールは来る。
しかし一向に返金はされない。
「支払う気がある」ということを提示して詐欺として訴えられることを阻止しようとしているのか?と疑問に思う。
こちらとしては返金されればもうそれでよしとしたいのに、いつまでも返金されなくてもやもやする。

 

エンドレスループが1か月以上経過した頃、業を煮やして警察署へ。

ありとあらゆる資料を揃えて相談に言ったら、担当の職員さんを紹介され、説明後被害届を作成。
まだ「支払いの意思はある」状態に変わりはなかったが、警察の方曰く「間違いなく詐欺でしょう。これだけの資料がそろってれば問題なく被害届は受理できます」と言われた。
口座凍結も警察から連絡しますと言われ、とりあえず全ての処理をお任せした。

 

警察に提出した資料
・掲示板のアドレスとAの書き込みのスクリーンショット
・Aを詐欺じゃないか?と言っていたスレッドのスクリーンショット
・Aとのメールやり取り全文(ヘッダーから全表示)
・Aへ振り込んだ際の振込み記録
・Aから提示された保険証(期限切れ)

 

メール全文には、本名、偽の住所、偽の電話番号、メールアドレス、振込みした口座番号が載っていた。
その後、一応金融機関に、詐欺事件として被害届を提出した旨を連絡。
金融機関からも口座凍結しますとの返事をもらった。

 

そこから2か月程経って警察から連絡があり、以下の結果が分かった。

・口座は凍結されたが、残金が1000円未満のため、被害回復金の仕組みは使用できない(これはもはや期待などしていなかった)
・教えられた住所の都道府県に同姓同名の人間がいることは確認できたが現住所はつかめていない
・凍結された口座には複数人からの振り込みがあり、おそらくは他にも被害者がいる
・電話は料金滞納で止められた

 

警察の力なら口座の人間なんてすぐに探し当てられるものかと思っていたが、予想以上に大変なのかもしれない。
まぁお金が戻ることはこの時点で既に諦めていたので、もはやAが逮捕され刑事罰を受けてほしいという気持ちだけだ。

 

その後事態は急展開を見せる。
Aは警察の予想通り、他にも詐欺を重ねていた。
名前でネット検索すると複数名被害者が出てきた。
そのうちの一人(Bさんとする)とコンタクトが取れ、情報を共有することにした。
Bさんは積極的に被害者を募り、情報共有と対策を考えていた。
そんな中でAが逮捕された事実を知る。教えられた住所とは全く違う場所での逮捕だった。
おとり捜査?のような方法で手渡しの現場を押さえたらしい。

 

Bさんは弁護士に相談し、被害届を出した警察とも話をして動いていた。
私は警察に逮捕された旨を伝えるも、逮捕した警察署からの連絡がないと動きずらいとのことで待っていてくださいと言われる。
弁護士に相談するしないのこの段階で、被害金返却の明暗が分かれたようにも思える。

 

Aはその後詐欺事件で立件された。
余罪に関しては、立件しやすいもの(条件が近いもの、口座が同じもの等)を優先ということだった。
余罪が多すぎて全てを盛り込むことは不可能だったようだ。
Bさんの被害分は余罪として起訴されたため、被害金が戻ってきた。
私の案件は余罪に乗せられなかった。
警察から連絡を受け身で待っていた結果かもしれないし、動いていても同じ結果だったかもしれない。
でももっとしつこく話をするべきだったのかと後悔しているので、動く場合には可能な限りあらゆる方向へ働きかけけてほしい。

 

判決後数か月経って、ようやく警察から連絡が来る。
・同様の罪で一度逮捕され、逮捕は執行猶予中だった
・被害者が相当数いる
・執行猶予中の再犯のため、前科分も合わせて実刑で3年強(今回分は2年弱)

 

詐欺の常習だったらしいAにとっては私は本当にいいカモだったのだろう。
相当慣れていたようだがその素振りは少しも匂わさなかった。
もう一人被害者の人(Cさんとする)とも連絡を取ったが、Cさんは被害届も出していなかった。
泣き寝入りの人を合わせると一体何人の被害者がいたのか想像もつかない。

 

Aは裁判中に出所後に被害者への返金を誓ったらしいが、きっとお金が戻ってくることはないのだろうと思う。

私の事件に関しては追起訴されなかったし、警察ももうこれ以上捜査をするつもりはなさそうなことを言われたためちょっと釈然としないが、まぁ逮捕されしかも実刑ということなのでとりあえず最低条件はクリアしたからよしとしなくてはならないのかもしれない。

 

余談ではあるが、騙された公演は同じ掲示板で別の方に譲ってもらえたし、そこで同行させてもらった方とは仲良くなって一緒に公演を申し込んだりしているので、気を付けるところだけきちんと気を付けていれば、ほとんどの人は善意のある同じファンの方で大丈夫なんだろうなって思う。

 

 

先振込みは危険と分かっていても、欲求に勝てなかった。
チケットが取れなくて探すことはジャニーズではよくあることで、そのほとんどが需要過多の状態だから探す方は必死になりがちである。
ただ、やり取りはできるだけ冷静に行うこと。それだけは肝に銘じておく必要がある。

自分の愚かさを記録するのは結構きつい。
こうして文章にすると本当にどんだけバカなのかと落ち込んだりもする。

全てが収束してから相当の時間が経った今頃になってからしか書けなかったのだからメンタルダメージは計り知れない。
でも結局自分の欲望に打ち勝つためにはこうして愚行をきちんと自分の中で認めて消化しないと同じことを繰り返しそうな気がして、だらだらと書いてみた。
被害金はその勉強代というか代償だと思うことにして、次からは絶対先振込みに応じない。

 

願わくば同じような被害にあい、このブログを参考にする方がいませんように。